慢性的な腰痛

「結構前から腰が痛いんですが…」
「朝起きると腰が痛くて…」

だいたい、いつも同じ場所が痛かったり、同じ状態で痛くなります。

なぜ 同じ所が痛くなるのでしょう。

事故や怪我などの外的要因があれば、原因がはっきりします。
そうでない場合は、日常生活でのカラダの使い方に偏りがある場合が多いのです。

  • 使う筋肉と、使わない筋肉
  • 力の入りやすい筋肉と、入りにくい筋肉
  • 動かしやすい筋肉と、入りにくい筋肉

などの差が大きくなると、筋肉に偏りが出ます。

実験してみましょう

①歩行 →左右の歩幅を意識的に変えてみます。

例えば、右脚の歩幅を大きくして、左脚の歩幅を小さくします。
数分で構いません。しばらく歩いてみましょう。

②自転車 →踏み込む力を意識的に変えてみます。
例えば、右脚の踏み込みを強くして、左脚は支えるだけにします。
数分で構いません。しばらく乗ってみましょう。

さて、脚も疲れますが、腰や背中も痛くなってきませんか?

重心の取り方・左右の脚にかかる、力の入れ方の違いで筋肉の偏りがでます。

筋肉は単独で動きません。みんなで協力して動きます。
左右の脚の働きが違うと、それを支える腰は大変な苦労をします。

不均衡な動きをする脚を支えるために、背中や肩でバランスをとります。肩甲骨が硬くなったり、肘や腕の硬さが原因で腰が硬くなることもあります。

いうことを聞かない子供達を、まとめる先生…大変ですよね。

脚だけじゃなく、肩甲骨や腕、そして腹筋など筋肉がバランスよく柔軟に動く状態を維持する

これが腰痛解消の第一歩です。


カラダの土台をしっかり整えます。
地に足が着くバランス調整で、今日もスッキリ!

ご予約はこちらへ → お問い合わせ

整体処 らく太郎
営業時間 9:00~21:00
メール  info@seitai-rakutaro.com
電 話  080-5432-2630
コ シ ミ ニ プ ロ サ ン ジョ ウ