股関節の重要性

健康な人の体には各部のアンバランスは見られません。
体の土台である骨盤は水平で両脚の長さはそろっています。
脊柱もまっすぐで上半身にも歪みはありません。

反対に病気にかかっていたり、体調が悪い人を見ると両脚の長短差があり、骨盤も水平ではありません。
脊柱も骨盤の傾きによって、傾きや捩れができ、上半身も歪んで姿勢も悪くなります。

医学界では「体にゆがみがあるのは当然だ」と考えられ、病気とは無関係だ、とあまり注目されませんでした。

そくわん症などは、脊柱の傾きだけに着目し 肩こりなども、肩の筋肉のコリを取ることに着目されました。

しかし、痛みや異常の出ている場所を治療しても、体全体のバランスを正し、「体そのもの」の機能を改善しなければまた同じ状態に戻っていきます。

その場限りの処置よりも、根本的な改善が必要なのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする