礒谷療法の自己矯正~ひざ抱え運動~

礒谷療法 自己矯正その2 膝抱え運動

この運動は、股関節や腰椎・胸椎などの矯正と、背面の筋肉を伸ばす運動です。
就寝前や起床直後に必ずやります。

体に負担をかけた一日分の 歪み・捩れをとり
背中や腰を緩めて、質のいい睡眠の為に準備をしましょう。

寝起きに腰が痛い、寝起きがだるい、なんていう症状の方。

朝の寝起きにやっておくと、体も頭もしっかり目覚めます。

疲れを感じた際などにも もちろんやってください。

手順

①両膝を合わせ、ひもで縛ります。

②足型に合わせて折りたたんだタオルをお尻の下に当てる。
(どちらに入れるかわからない場合は結構です)

③反動をつけ、両膝を引く。

慣れないうちは、背骨のねじれや柔軟度が低い為、やり辛いかも
しれませんが、続けているとだんだん曲がるようになっていきます。
一つの目安は、膝が額や顎に付くぐらいの柔軟性があるといいですね。

お腹の脂肪が邪魔になったり、急激に曲げると肋骨を痛めることが
あるので無理をせずにやりましょう。

特に回数や時間にこだわることはありません。
体が緩んだり、温まったら十分です。

この動作を繰り返すことで疲労も抜きやすくなり、腰痛などにも
効果的です。

腕力だけで引こうとすると、肩がこったり首が痛くなったりするなど
逆効果です。頑張りすぎないのがコツです。

ゆったりゆったり やってみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする