トラップ

いつもどおりの朝だった。

中野区の某総本部について、シャッターを開ける。

!!!

なんだかな…

疲れてんのかな? 目の前が白い。しかも煙い。

靴を脱いで一歩…二歩…

気のせいか。床が粉っぽい? いや! 足跡がついている!

まさか! 足元に並ぶ小さい箱。

まさかC4か? その数16個。

恐る恐るその固形を回収し、一箇所に集めた。

どうやら底に水が入っているものもあり、揺らさないように運ぶ。

焼け焦げたような表面に、無数の穴。

たかが20畳ほどの部屋がひとつ、4畳ほどの部屋が4つの室内。

せいぜい5~7個あれば十分のはず。

それが16個も仕掛けられていた。どんだけ仕掛けたんだ。

仕掛けた人間は、よほどの思いがあったのだろう。

何回殺せば気が済むんだ?

窓を開け、この焼けただれたような空気を換気する。

床・壁・小物・什器の掃除を始めた。

親分(船長?)が出社する。

「どや!死体ゴロゴロ出たやろ! どんだけ死んでた?」

ひとつもかからんでしたよ。

「そんな訳あるか!ドアホ! …ホンマか?」

それより、仕掛けるなら言ってくださいよ。

朝知らずに入ってきて、死ぬかと思いましたよ!ゲホッ!

「前もって知らせるアホがおるか! いきなりやるからええねん!」

まあ、この煙が抜けるまでしばらく窓開けますよ!

その小箱を親分に見せて

これ一個で12畳分とか効くみたいですよ。5,6個でよかったんじゃないですか?

「ええねん!ワシはこれくらいやらんと気がすまんのや!」

16個も仕掛けられたバルサン。

よく火災報知機に引っかからなかった…

付いてないんだ!

だからか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする