代価と価値 ②健康の手間

「健康の為にウォーキングを始めました」
「お腹を引っ込めたいので毎日腹筋をしています」

今の身体の状態から「改善したい」という意思があるからこそ、みんな頑張るんです。

施術が終わり

○○さん、今日はお家でやっていただきたい体操があるので、それをお伝えしておきます。
少しずつでも構いませんから、毎日やってください。

「え?毎日ですか?」

そうですよ。ご飯だって毎日食べますよね?お風呂だって毎日入りますよね?
今日は3日分風呂に入ったから、2.3日は入らなくていいやって思います?

「…わかりました。どれくらいやればいいですか?」

どれくらいならできますか?

「5分ぐらいなら…」

わかりました。では5分でいいので続けてください。慣れてきたら少しずつ増やしていきましょう。

例えば ○○さんの痛みを抜くのに、100 の運動が必要だとします。
毎日 5 の運動を続けた場合と、毎日がんばって 95 の運動をした場合と、どちらが良くなるのでしょうね。

「95ですよね。きっと」

まぁ、100%そうとも言えませんが大体はそうでしょうね。
やりたくないものを無理矢理やっても、不快な気持ちでやるのは良くないですよね。
精神的にもストレスがかかります。

○○さんにとって、「改善したい」という思いは「5分の運動」分の価値なんでしょうね。

これくらいなら代償にできる、という手間分です。

身体というのは計算機みたいなものです。
入力した情報によって出力される状態が変わります。

食べ物が変わると、体調が変わったりしますよね。
入院などをして、管理栄養士さんが決めた食事を摂っている場合をイメージしてください。

運動も同じですよね。

自分の身体に、どんな運動をさせてみますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする